生産者インタビュー

青さのり

角野節生氏

角野節生氏松阪漁協理事

海水と川の水が混じり合う伊勢湾や、
海岸線が入り組み波の穏やかな英虞湾は
青さのりの生育に適した環境で、
日本各地で養殖されているうちの5割強を
三重県が占めるほど。
そんな三重県内の生産地でも北端にあたる松阪で
養殖業を営む角野節生さんに、
三重県のあおさのりの特長や
生産者としての想いについてうかがいました。

イメージイメージ
青さのりを繁殖するうえでのこだわりは?
伊勢湾は波が穏やかなうえ、川からの淡水と海水が混ざる区域が広く、こういった条件が青さのりの養殖に適しています。海の栄養に山から流れて来る淡水の栄養が加わり、より上質な青さのりが育つんです。まるで三重県の自然の恵みを詰め込んだような食材ですね。
養殖は海に杭を打って網を張り、種を植えつけることから始まります。成長を促すため、水温や潮の流れに合わせて網を上げたり下げたり、ゆるめたり張ったり、生育度合いも考慮しながら調整することが大切です。低くするとよく伸びるかわりに、根腐れして商品にならなくなる恐れもあるので、頻繁に調整しないといけません。少しでも等級の高い青さのりを育てるためには、まるで子どもを育てるように手間がかかりますが、それだけにかわいさもひとしおです。
味の特長は?またおすすめの食べ方は?
私たちの養殖場があるエリアは外海から距離があるので、海水の塩分濃度が少し低いようです。そのため塩気が控えめで、ほんのり甘みを感じる味わいに育ちます。私たちが育てた青さのりは鮮やかな緑色で見栄えし、食欲も刺激されますよ。

私のおすすめの食べ方は朝粥です。ごはんがとろとろになるまで火にかけた後は、乾燥青さのりをふりかけるだけ。青さのりの塩分だけでちょうどいい塩加減になっておいしいんです。また青さのりは実は栄養価が高く、食物繊維、ナトリウム、βカロテン、葉酸などのほか、様々な栄養素がバランスよく含まれています。消化によく、体が温まって免疫力が上がり、青さのりの栄養も摂れる、風邪やインフルエンザが流行する時期にこそおすすめの食べ方です。
イメージ
イメージ
三重県にお住まいのみなさんにメッセージをお願いします
三重県の近海は漁場に恵まれ、青さのりに限らずおいしい海産物がたくさん獲れます。ところが三重県に住んでいても、ここでどんな魚が獲れているのか知っている方は多くありません。せっかく魅力的な食材をたくさん産する土地に住んでいるのに、それを知らないなんてもったいないと思っています。地元に改めて目を向け直せば、おいしいものをおいしい時期に早く食べられます。そうした地産地消が毎日の食事をより豊かに、楽しくしてくれるはずです。